少ない花木でも、形よく生けれます。

 

 

①自分の好きな枝もの2本を(写真はドウダンツツジ)、インナーケースの中で交差させ、枝の切り口を側面段差に引っ掛けるようにして、安定させる。大きく空間を取り組みように、1本は前に1本は後ろに倒す。

② 大きめの花を(写真は芍薬・シャクヤク)右斜め前に倒すように生ける。水につかる部分の葉は取り除く(水が悪くなるため)。インナーケースの側面段差に茎の切り口をひっかけるようにすれば、簡単に安定させることができる。

③真ん中の空間に、少し前に倒すようにしつつ、バランスを見ながら、2、3本花を生ける。花とつぼみの両方を生けられると、さらに趣が出る。短めの枝を後方の空いている部分に入れて、全体的なふくらみが出るようにする。

ka-ki(小) 作品例